読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画と漫画と、ときどき小説。

好きな映画や漫画の感想、日々思ったことをつぶやいています。ネタバレへの配慮はありません。

進撃の巨人1巻

初めて読んだときは衝撃が走りました。

このマンガがすごい!」に選ばれたというのは知っていましたが、

たかが少年漫画、と侮っていました。

 

壊れた家の下敷きになったお母さんが、エレンとミカサを逃がしてほっとしたところで、

家族で食卓を囲む情景を思い出し、思わず「行かないで…」と呟くところで胸が痛みました。

お母さんを目の前で食べられたエレンの絶望、エレンの巨人への怒りに共感しました。

でも、とにかく衝撃的だったのは、最後にエレンが巨人に食べられたところです。

 

ここまでが長い長い前日譚で実はアルミンが主人公だったのかな、とか、

主人公が次々と変わって展開していくオムニバス形式の作品なのかな、とか、

色々続きを予想しながら2巻を読んだら、エレンが復活していてちょっと拍子抜けしました。

 

想像したのとは少々違う方向に話が展開しましたが、

とても面白い漫画であることには違いありません。

楽しく読み進めています。

広告を非表示にする