読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画と漫画と、ときどき小説。

好きな映画や漫画の感想、日々思ったことをつぶやいています。ネタバレへの配慮はありません。

オー・マイ・ガアッ!

サウジアラビアのサルマン国王が来日されていますね。

東京の高級ホテルと成田空港が黒塗りの高級車で埋まっているのだとか。

産油国の王様だけあって、さすがのお金持ちっぷりですねぇ。

 

久しぶりの石油王のニュースで、浅田次郎さんの「オー・マイ・ガアッ!」を思い出しました。

 

60億円のジャックポットに関わった3人の内の1人、

梶野理沙は石油王に求婚されることにもなるんですよね。

なんという幸運。

ところが、最終的に60億円も石油王も捨てていて、

なんて、なんてもったいないことを…うわぁぁああ!

となってしまい、物語に感動するどころじゃなかったです。

 

60億円の大当たりを受け取るのは3人の内の誰なのかでもめていた際、

「私たちには60億円どころか、その3分の1の20億円も使う器量はない」

と梶野理沙は言ってましたが、この台詞にも共感できませんでした。

私は20億円どころか60億円だって使い切ってみせる自信があるけどなぁ。

欲しい物もやりたいこともいーっぱいあります。

 

梶野理沙には共感しませんでしたが、

カジノの生ける伝説のお婆さんが、大前剛にルーレットを教えながら

人生の心得を説いていたときの台詞が最近心に刺さります。

正確な言葉は忘れましたが、

「何も考えずに、ただ流れに身を任せているだけでは5%ずつ負けていく。

 5% のハンデをはねのけてやっとイーブンになる。

 それ以上の努力をした者が勝者になれる。」

というような意味でした。

 

順調に5%ずつ負けていっているのを感じる今日この頃です。